引っ越しと聞くとつい出るときだけのことを考えてしまいがちですが、移ったあとの準備も意外と大変です。
特に季節にもよりますが、私が大阪へ引っ越してきたのは丁度真冬の時期と重なりました。
元々住んでいた場所から引っ越し業者に依頼し家具や家電を無事送り終え、
次の日には大阪の新居に引っ越ししてきたのですが、
最も誤算だったのが、家具や家電が届くよりも先に自身が住み始めたということ。

大阪の真冬をエアコンもストーブもない、更には布団等の寝具もない状況で乗り切るのには到底無理がありました。
慌ててビジネスホテルを探すも、都心部にもなれば当日客室が空いているホテルはほとんどありません。
結局、その日は妻と二人でマンガ喫茶に寝泊まりし、翌日アパートに戻り、引っ越しの片付けを行いました。
そこでの教訓が引っ越しの段取りは移り先のことも忘れずに行うということ。
ついつい出ることだけに気をとられがちではありますが、移った後のこともしっかりと段取り・計画を考えておかないと悲惨なことになります。
特に結婚や同棲など新たな生活をスタートする場合は、家具や家電が不足している場合が多いので、
計画的に引っ越しの段取りを整えることが大切です!

☆∥エレクトーンの引越しをお考えならまずはお見積りしましょう。∥☆

一人暮らしの引越しについて→引っ越し単身パック 近距離 相場

会社の命令を受けて、車で1時間20分で行ける隣の県にある支社に転勤となりました。

住むところはテレビや洗濯機など備品付きの寮を会社側が準備してくれましたので、私は生活に必要な最低限の荷物を持参すればいいだけ。
「車に詰め込めばいいや。準備が楽だ」。そう喜んでおりましたが…。


赴任日が近づき、引越しの作業に取り掛かりました。
あらかじめ考えておいた持ち物リスト、服・布団・趣味に関わる道具をダンボールに詰め込みます。私の計算では、春夏秋冬の服&防寒具&下着で、ダンボール6、7箱でじゅうぶんと考えておりましたが、防寒具と冬物の服の厚さかさばり結局9箱に。

調理器具や食器といったものは購入しなければならないので、あらかじめ購入リストと予算を決めてから店に訪れました。品物を見ていくと、「これは必要になる」「これあれば便利」というものがザックザック見つかり、結局予算と荷物の数がオーバーに。

その後も、靴・書籍・PC・夏でしたので蚊取り線香・虫除けなど、細々とした必要なものが次から次と判明し、引越し当日は私自身ヘロヘロになりながら、荷物を無理矢理車の後ろに詰め込むはめに陥りました。

引越し先に到着し待ち構えていたのは、暑いなか2階にある寮への荷物運びです。
もちろんエレベーターはないので、階段を使用します。
覚えているだけでも、8往復はしました。そのあいだ、汗がボタボタメガネにかかり前がまったく見えない状態でした。

運び終えた後も「片付け」という作業があります。荷物が多ければ多いほど時間も手間もかかると、当たり前のことを学びましたね。

引越し経験者からのアドバイスです。
引越しは本当に予測通りには行きません。時間を多めに取り、少しずつ進めていくことをお勧めいたします。そうすることで、余計なものを土壇場で購入することも抑えられますし、体力的な負担も軽くですみますよ。

ずっと実家暮らしだったのです。そこではいつも両親に甘えていました。そして仕事もしていなかったのです。ずっとニートとして、実家で暮らしていたのです。
でも友人が一人、二人と結婚していきました。そして子供を産んだのです。その様子を見ていて、私はこのままではいけないと思いました。この時、とても強く感じたのです。
だから私は就活を始めたのです。今更ですが、ずっと働いていなくてかなりのブランクもありますがいてもたってもいられなくなったのです。私は就職をして、会社員になったのです。


そして半年後一人暮らしをしようと思いました。半年で貯めたお金で、独立をしようと計画をしたのです。早速行動をして私は小さいアパートに引越しをしました。
本当に小さくて古いです。でもそこから何かが始まりそうな予感がしたのです。荷物も少ないので、たった一人での引越しです。一人暮らしの人がいっぱい住んでいました。お友達もできたのです。
暮らし始めて二年が経ちました。私は以前よりもとても強くなれたように思います。一人じゃ何もできませんでした。何をしようとも思いませんでした。でも今は違うのです。何でもできるのです。私はとても強くなれたのです。

 

私は小さなアパートへ引越しました。引越しをしている最中に驚きました。なんとネコがいるのです。下見に来た時は全然気づきませんでした。私の部屋のわきにある、小さな倉庫にネコがいたのです。
タンスを運んでいる時、引越し業者の人が踏みそうになっていました。それは一匹ではなくて、なんと三匹もいたのです。
人を怖がらずに、歩いたり寝転がっているのです。とても自由にしているのです。でも私は引越しの最中なのです。かまってあげられません。
そして黙々と進む引越しの中で、ネコたちはずっとのんびりしていました。夕方になって引越しも終わる事ができました。するとさっきまでいたネコたちが、突然消えていたのです。
私はとても気になってあたりを見回しました。するとなんとトイレから出てきたのです。どうも用を足してきたように思えました。
その後もずっと部屋でゴロゴロしているのです。まるで自分の部屋のようにしているのです。もしかしたら、以前住んでいた人がこうやってネコと暮らしていたのかもしれません。
だからこのネコたちは、ずっとここから離れないのでしょう。思いがけない事ですが、ネコは嫌いではないのでこんな生活もいいなと思っているのです。

わたしは今まで3度、引越しを経験しました。
1度目は中学卒業後、遠くの高校へ通うために高校近くの下宿へ住むようになり、その時に1回。
2回目は高校卒業間際に、たまたま近くに住んでいた姉が「一緒に住もう!」と言ってきたので下宿先から引っ越したのが2回目。
3回目は結婚が決まり、旦那さんとなる人と一緒に住むようになったので引っ越しました。
そのいずれもわたしの父がトラックを家から持ってきて、家具や食器もろもろ自分たちだけで段ボールに入れて、何度も店と、いままで住んでいた家と、新しく住む家を往復して引越しをしてきました。


1回目ははじめての一人暮らし(下宿先のおばさんはいましたが)だったので、テレビやベッドなど買いそろえて大変でしたが、高校生なので自分自身の荷物が少なく、食器類も特に必要なかったのでそこまで時間はかかりませんでした。
2回目も高校在学中だったので、1回目と荷物の量もほぼ変わりなくむしろ買い足すものもほとんどなかったので1回目よりは早かったように思います。
ただ3回目は、姉と同居していたので二人で使用していた冷蔵庫などの家電をまずどうするかからはじまり、新居に合うような家具・食器・家電等を買いそろえ、社会人にもなっていたので荷物も多くなっておりかなり時間がかかりました。
部屋を出る1ヵ月前くらいから少しずつ新居に荷物を置いていき、大きなものは部屋を引き払う日にすべて移動させるように段取りを組んでいました。
引っ越し当日、父がいつものようにトラックを持ってきてくれたのですが、朝からエンジンがかからないという思いがけないトラブルが起こり、なかなか作業が進まず夜遅くまでかかったことを覚えています。
でもみんなで荷物を運び終え、何もなくなった部屋で最後の記念にと写真を撮りました。
たかが引越しした日の写真ですが、あの家に住んでいたころはあんなことがあった、こんなことがあったといろいろ思いだします。
今ではいい思い出です。

引越し業者を見比べるには→引越し業者一括↑比較で楽々お得堂

もう40近いおっさんですが、まだ独身ということもあり、引越しの準備から片付けまで全部私が一人でやらないといけないので、大変は大変なんですが中でも一番大変というか緊張するのは引越し後の挨拶まわりで、これが一番大変です

仕事自体結構忙しいので、平日は基本的にご近所に挨拶をできる時間に家にいることはまずないですし、土日も疲れきっているので、なかなか挨拶に行こうという気にもならないわけです。

とはいっても挨拶は必要なことですので、疲れた体に鞭を打ってがんばるわけなんですが、これが緊張してしまってしどろもどろになってしまうことが多いわけです。まあ、緊張してしますわけですので、疲れ方が半端なくなってしまい、結果的にはまったく土日で休んだ気にはなれないわけです。

引越し自体はすごく好きで、新しい街に行くのはすごく興奮するのですが、悲しいことに、この引越しの挨拶だけはどうも苦手で、楽しい引越しに疲れが出てしまうわけです。

まあ、この挨拶の疲れも含めて楽しい引越しということなんだ思いますので、いい大人としてできるだけ苦手意識を捨てて、しっかりと挨拶をしつつ、新居と新住所の生活を楽しむのが、大人の引越しということになるのだと思います。

 

思い切って引越しをしました。二年前にこのアパートに来ましたが、ここは騒音がひどすぎて気楽に生活ができません。だから引越しを決意したのです。
お隣のテレビの音量がとても大きいのです。上の人のドンドンという足音も、とても気になって眠れない日々が続いています。何度苦情を言っても、全然受け入れてはもらえませんでした。残念ですが私が行動をするしかないのです。それが引越しだったのです。
ここにある荷物を全部新しいアパートに移すのは、それはとても面倒なのです。でもここでずっと我慢して暮らしたくはありません。仕方がないので引越しをしました。
業者さんがとても良くしてくれました。何でも全部運んでいってくれたのです。半日で終わったし、結構格安だったのです。大変だと思っていた引越しが、結構簡単にできました。
そして新しいアパートではすぐに馴染む事ができたのです。そして住みだすと、とても静かなのです。住民のマナーがいいのでしょう、とても静かでとても快適に暮らせているのです。
これが当たり前なのでしょうが、私はとても嬉しいのです。よく二年もずっと我慢してきたなと思います。もっと早くここへ引越せば良かったです。とても快適なのです。

普段はなかなか物を捨てられません。でも引越しを機に、私は不用品をいっぱい処分できたのです。
父が転機にになりました。それが結構突然なので、急いで引越し準備を始めたのです。でも持って行くものが多すぎて、困っていたのです。元々捨てられない性格なので、使っていないものも残っているのです。
これを機にそれらを処分しようと、決心しました。私は思い切って、不用品を捨てる事にしたのです。


二年以上着ていない洋服、履いていない靴もいっぱいあります。そして使っていないバッグに、雑誌もいっぱいあるのです。そのうちに読むからと買っておいた小説もぎっしりなのです。
それらを思い切って捨てました。そして荷物がかなり減ったのです。最初に予定していたものよりも、かなり減ってとても少なくなりました。これらが本当に必要なものなのです。
持って行くものが少なければ、新しい家でも整理がとても楽になるのです。生活だってしやすくもなるのです。私はずっとこんなにもたくさんの物に埋もれて、よく生活ができていたなと思っています。本当にたくさんの不用品があったからです。
でも思い切って捨てると、とてもさっぱりしました。物が少ないっていいな、と心から思えたのです。

私が引越しをするときには、引越し業者どこがいいか探すのにネットで確認できる一括引っ越し比較サイトを利用しました。掲載されてる引越センターがかなり多かったので、信用できる数字が出るのではないかと思いました。

私の引越しは一人暮らしではあるのですが、私の趣味の道具が多かったのです。なのでどれくらいの価格になってしまうのか想像が出来ない状態でした。おそらく三人家族くらいのボリュームではないかと思って、その見積もりでお金を準備していたのです。

引越し予定の2週間程前には、立ち会ってもらって見積もりをお願いしたのです。すると、普段の一人暮らしよりも家財道具は多いといわれました。趣味で集めている湯飲みやお皿、そして動物の置物などがいくつもあったのです。

それを展示するショーケースが結構重いので困っていました。このあたりも見積もりの金額に加算されていき、結局は四人暮らしの一般的な家庭の見積額と同等になったのです。重いものなので、自分ではどうしようもないのでどんなに高額な見積額が提示されても依頼するしかなかったのです。

ただ、信用のある引越し業者だったので、引越し当日は手際よくショーケースを運んでいました。ギリギリの入り口だったのに、一度も接触させることなく移動していました。そのあたりはさすがプロだと思ってしまいました。

 


春になると、一人暮らしを始めるという人も多いのではないでしょうか。
新しい生活が始まるので、嬉しさの反面、いろいろと手続きなども大変になります。
引っ越しの際には、住民票などの移動届けや、水道、電気などの光熱費の手続き、電話線の開通など様々な手続きが必要となり、なかなか時間が取れなくて、大変だという人もいるようです。
そのため、出来れば時間を短縮して、スムーズに済ましたいものです。
例を挙げれば、引っ越しの時に、引越し 初めて 費用ですが全ておまかせする安心パックなどは、費用もかなり掛かりますが、梱包から全てしてくれますので、子供が小さかったり、仕事が忙しい人などにはぴったりでもあります。
しかし、注意したいのは、引っ越し代金を安く済ませたいという場合には、引っ越し限定パックを利用する人も多いのではないのでしょうか。
この限定パックですが、荷物が少なく、単身者の場合にはとても良い方法なのですが、家族が多い場合や、荷物が多い場合にはあまり向かないものでもあります。
大抵は、配られたダンボールの数だけ梱包して、その分だけ運んでくれるというものですが、やはりダンボールに入りきらず、困ってしまうことがあります。
大手は大抵は一緒に運んでくれることが多いのですが、中には断られることもあり、注意することが大事です。
後から運ぶために、新たに引越し屋を頼まなければならなくなってしまうこともありますので、よく考えて利用するようにしましょう。
費用は高くても、やはりきちんと全部運んで欲しいと言う場合には、大手の引っ越し屋が安心ですし、全て持って行ってくれますので、一日で済ますことが出来ます。
時間がない場合には、やはりこのような引っ越しが無難でしょう。”