とても嫌だったのです。このアパートでは寝る事もできませんでした。うるさくて、一睡もできなかったのです。ストレスも溜まって、仕事もうまくいきませんでした。そして付き合っていた彼も、アパートに来なくなって自然消滅したのです。全部このアパートのせいだと思っていたのです。
だから私は引越しました。新し場所から始めようと思ったのです。きっとできると思ったからです。
前よりも古いアパートです。前よりも狭いアパートです。でもとても環境が良いのです。静かです。夜はしっかりと眠れます。仕事も以前よりも楽しくなって、思うように進むのです。とても嬉しいです。

引越しの前に知っておきたいこと→マンション 引越し 相場
さらに良い事がありました。それは彼氏ができたのです。運命で初の彼氏です。アパートの隣に住む大学生です。引越し当日挨拶に言って、一目ぼれをしました。そして彼から翌日告白されたのです。付き合うようになった、私の初彼氏なのです。
毎日が楽しいです。夜も十時には寝て、朝六時に起きています。彼氏とウオーキングをしているのです。しかも私は一か月でなんと体重が三キロも減りました。ダイエットにつながったのです。
引越しをして運命まで変わってきました。地味な生活から、一転して明るい楽し生活になりました。

つい先日、待望の一人暮らしを始めました!


ベッドや冷蔵庫・洗濯機などの大きな家具は、必死で貯めたバイト代を使ってすべて新品のものを買うことに。
家具にお金がかかるので、引っ越し代金はできるだけ安く抑えたいなーと思い、いくつかの引っ越し業者さんで見積もりを取ってみました。うーん、、思ったより高い!そんなにたくさん荷物はないし、でも自分ひとりで運ぶのはさすがにつらい。うちは母子家庭だからお母さんに荷物運んでなんて頼めないし…そもそもお母さんも私も免許持ってないし…
そこでネットを色々調べていたら「赤帽」を発見!!引っ越しパックはそれなりのお値段がするみたいですが、普通に赤帽のトラックに乗せられるだけの荷物を運ぶのであれば、断然安いです!私の場合、基本的に運ぶのは洋服とかちょっとした食器や小物類で、段ボールに入れても12、3箱くらいでした。赤帽のトラック一台あれば余裕で運べます。しかも実家から割と近くの部屋を借りたので、結局5000円くらいで済みました!赤帽の人が積み下ろしはやってくれたし、ふつうの引っ越し屋さんに頼むよりも半分以下の金額です!すごく得した気分になりました。
大きい家具がある場合は無理ですが、私のように荷物があまりない場合には赤帽での引っ越し、オススメです!

友人の引越しを手伝う事になり、3週間かかりましたが先日やっと無事終了しました。
その引越しは友人のご主人には内緒の引越しで、友人と友人の娘さんだけが家を出る強行別居と言うかたちです。
家具等は持って出ないと言うことで、引越し業者には頼まずに友人の兄弟や私がお手伝いをする事になりました。
家を出る事をご主人に告白するのは、引越し当日と言う事でしたが、ご主人は日中も家に居る方だったのでバレない様に事を進めるのが大変でした。

まず、借家の古い1戸建てのお掃除から始め、荷物の運び出しは数日間にかけて、朝早くご主人が眠っている間に少しずつ運び出しました。
動ける時間も限られていますし、眠っているのを起こさ無いようように静かに作業をこなさなくてなりません。
緊張しながら「ご主人が起きてきてバレたらどうしよう」とヒヤヒヤしながら、修羅場を想像しつつ作業をしていました。
転職 引越し 費用もチェック!
友人の荷物は、衣類や身の回り品・食器程度ですが、娘さんの荷物は衣類の他パソコンや色々な雑貨等も多く運び出しました。
おかげで娘さんの部屋はスッカラカンで、ご主人がこの部屋に入ればバレるのでは?と、心配なりましたが、当日までなんとかバレずに済んだようでした。

そして引越し決行日。私が引越し先の家で片づけしながら待機していると、友人と娘さんが計画通りやってきました。
娘さんの目は泣き腫らして真っ赤でした。

プロジェクトは、無事に終了しましたが、引越しと言えば「新規一転」と言うイメージを持っていた私は、引越しにも色々あるのだと、この時は切ない気持ちになりました。

引越しをするときには大量の段ボール箱が必要になります。これを最初に分かっていて準備することが出来れば良いですが、引越しの数日前の段階で段ボール箱を探しに行くと、必要な量を確保出来ない可能性が有るのです。


基本的には食品スーパーなどで裏手に回ると、スタッフがいれば段ボール箱のゴミ置き場から自由にもらって良いと言ってくれるはずなのです。その時に注意したいのは、形が崩れている段ボール箱もいくつもあるので、それらを使わずに綺麗なものだけを選ぶのです。

この世に選別が始まると、いくつものお店を回っても良い物が少量だけしかゲット出来ない状態になってしまいます。引越しの際には大量の荷物が出て、段ボール箱も全然足りない状態になってしまうので、出来るだけ多くの段ボール箱を調達する事を念頭に置くのです。

そう考えていくと、多くの段ボール箱を得ることが出来る大型のショッピングセンターなどに足を運ぶことが有効であると分かってきます。そこでスタッフにもらっていいか確認をしてから頂くのですが、その量がかなり多いので、車の中に大量に積載できる状態まで頂けるかもしれないのです。

ただ、大型の箱だけだと、重いものを入れると底が抜けるかも知れないのでそれなりのサイズを中心に選ぶのです。

いくら信頼ある引越し業者でも、お金や通帳などの貴重品は、自分で持って引越しをした方がいいと思います。とにかく引越しの当日は、時間との戦いのようなところもあり、ちょっとした小さな物はまとめて箱に入れてしまう業者もあります。でも、しっかりと研修を受けているスタッフなら、聞いてから梱包してくれたりします。

慌てているため、お皿を割ってしまうこともあるかもしれません。そうならないためにも、きちんと研修する引越し業者に頼みたいものです。引越しの当日は多くのスタッフが出入りします。その1人1人に指示を出すのも大変です。前もって小さなイヤリングや指輪などは自分で持つか、小さな金庫などに入れておき、梱包して運んでもらえるように頼むといいと思います。
友人が頼んだ引越し業者は、買取までしてくれたと言います。いらないピアノや家具、ブランド品を買い取ってくれて、お金になったと言っていました。何処かにしまい込んでいたブランドバックが急に出てくることもあります。引越し当日にそれを売りに行くのも大変です。その場で買い取ってくれるなんて、本当に助かります。

引越し先にわざわざいらない物を持って行くのも面倒です。向こうでは精神的にも落ち着かず、色々考えることがあります。そんな時に売りに行くのも疲れます。その場で見つけてくれたいらない物を買い取ってくれれば、そのお金で家族で美味しい食事をしたいなと思います。

引越し業者も色々なサービスを考えてくれているなと思います。

海外への引越しについて→海外 引越し 料金

パソコンなどの精密機械を引越しで移動するとなると、ちょっと考え物だと思います。それは、パソコンにはハードディスクが搭載されていて、このディスクが衝撃に弱いのです。

トラックでガタゴトしている間にも、ハードディスクの中身が破損する恐れがあります。実際に、引越し業者に依頼してハードディスクが破損したとしても、引越しでハードディスクが壊れたという内容を証明するのは昔のです。

あまり信用できないような引越し業者の場合は、引越しの最中に壊れたものを、最初から壊れていたのでは?と言いがかりを言ってくる業者もあるようなのです。

そんな事を言われても、実際に引越しの最中に壊れたという証拠を提示することが難しいので、結局は泣き寝入りのような状況になると言われています。

それが事前に分かっていたので、パソコンに関しては手間だと感じても、引越し業者に依頼することなく自分で移動する方がよいと思います。

自分で移動しても壊れたのなら、それで納得出来るように思うのです。これが引越し業者が触った後で壊れていると、どうも納得出来ない感じが残ってしまいます。なので、そのあたりは後でトラブルにならないような処置を自分でやっておくことが肝心なのだと思います。

引越し作業が全て終わってから後に、これまで住んでいた場所が賃貸住宅だった場合は掃除をする必要があります。
大家さんに鍵を返す前に一通り綺麗に掃除することが必要なのです。綺麗な状態で返せば敷金が戻ってくる可能性があるのです。

掃除をするために掃除機が必要になるので、引越業者に依頼するときにも掃除機などは置いておくべきだと思います。
全ての引越し作業が終わって当日に掃除をするなら、急いで掃除を済ませてから鍵を返して引越し先に移動します。

ただ、そのような急いだ引越しは失敗する事が多いので、引越業者の移動作業が全て終わって、後日にゆっくりと掃除をして細かい部分はチェックしてから、大家さんに鍵を返しに行くことが良い判断だと思います。引越し作業が全て終わってから後に、これまで住んでいた場所が賃貸住宅だった場合は掃除をする必要があります。 大家さんに鍵を返す前に一通り綺麗に掃除することが必要なのです。綺麗な状態で返せば敷金が戻ってくる可能性があるのです。
その時に敷金の話が出来れば良いと思います。今まで住んでいた部屋に畳間があるのなら、畳の張り替え作業である程度の費用を使ってしまうので、敷金は戻ってこないと考えるべきだと思います。

→→→引っ越し費用を安くするコツ教えます

畳の張り替えには結構な金額がかかってしまうので、最初から畳間が不要なのであれば、畳め間もない部屋を探すべきだと思います。全ての部屋がフロア張りという部屋は、多少価格が高くなってしまうので、そのあたりの兼ね合いを考えるべきだと思うのです。

ここ数ヶ月、そろそろマンションを買おうと物件を見て回っています。
今住んでいるところは6年も住んでいるので、新しい部屋に引っ越しできるのはちょっと楽しみなのですが、引っ越しが面倒くさいなぁとも思ってしまっています。

結婚と同時にここに引っ越してきましたが、その前に住んでいたワンルームのマンションはそれほど荷物も多くなく、冷蔵庫と洗濯機、それにアメリカ製の大型ソファーベッドだけを引っ越し業者に依頼して運んでもらいました。

見積もりは2社ほどしてもらったのですが、当時は新婚生活に向けて家電もいろいろ買ったりと、お金がなかったのでマイナーで安いほうの業者にお願いしました。しかし、これがいけなかった。

見積もりの段階で、「このソファーは中にベッドの金具とかたくさん入っているので、ものすごく重いです。2人くらいじゃ運べませんよ」と話していたのですが、当日やってきたのは2人だけ。それも、1人は力持ちそうな青年ですが、もう1人はもうすぐ還暦を迎えそうな男性でした。

案の定、2人では持ち上がらず、結局応援を呼ぶことに。それでもかなり時間がかかって運び出し、新しいマンションに入れるのも一苦労。結局私もソファー運びを手伝ったので、ものすごく疲れました。

そんなことがあったので、今回の引っ越しはちょっと料金がかかっても、大手にしようかなと思っています。

hikkoshi setsuyaku少し前に、私の学生の頃からの友人が私が住んでる地域に引越して来ました。一段落したので、久しぶりに一緒に話をしながらお酒を飲む機会があったのです。その時に、引越を依頼した業者の話などをしたのです。

おそらく家財道具などは私が引越ししてきたときと同じぐらいだと思います。冷蔵庫や洗濯機、そしてテーブルにテレビとなるので、それほどサイズは変わらないはずです。しかし引越し費用を聞いてみて驚きました。

私が引越しをした時よりも、半額程度なのです。どちらも大手の引越業者なので、これぐらい差がつくのはおかしいような感じがするのです。友人が言うには、シーズンオフなので割引料金になっていると言っていました。

引越業者の繁忙期は4月前後なので、私が引越しをした10月の場合はかなり安くなっているはずです。しかし、最もピークなのが春先あたりであり、それ以外にも夏休みや10月頃にも引越の依頼が多くなる時期があるそうなのです。

つまり、私が安いと思っていた金額はその月の中で他の業者よりも安いという価格だったのです。1年を通してどの時期が安いのか見極めてから引越の日取りを決めるという考え方が、最も賢い考え方のようです。友人の場合は丁度暇な時期にあたったようです。

引越しで節約したい!

dansyari cat引越しをするときに一番気をつける事は、気になるものは捨てることです。これを迷ってては引越の作業は前に進まなくなってしまいます。押し入れの中からいろんな物を取りだして見ていると、捨てても良いが捨てなくても良いようなものがいくつも出てきます。
引越しはまさに断捨離のチャンスなんです!

アルバムの写真のようなかけがえのない物の場合は、残すと決定しています。それ以外に自分が所有して無くても図書館などに行けば見ることができるようなものの場合には、所有せずに捨ててしまえば良いと思います。

特に雑誌や、小説などのような、一度読んでしまった本などをいつまでも所有しているという事があります。これは部屋の中のスペースを占有してしまう事になるので、思い切って処分してしまう事です。

本をゴミとして捨てるのは気が引けるので、古本屋さんにまとめて持っていき買い取ってもらいます。一冊当たり10円程度の値段しかつかないかもしれませんが、書物なので新しい人の手に渡ってくれればそれで良いのではないかと思います。

そんな感じで、捨てても良いかもしれないと考えたものは、極力捨てるようにします。そのようにしないと家財道具はどんどん増えていくし、引越し先でも更に増えていく事になるのです。

最近のコメント

     

    2016年2月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    29